アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】

アロマセラピストの仕事はきつい?

  • アロマセラピストの仕事はきつい?
  • アロマセラピストの仕事は大変?

気になるトコロですよね。

特に、これからアロマセラピストのお仕事を始めてみたい…

そう思っている方には切実な問題でしょう。

また、普段、お気に入りのアロマサロンで〝リラクゼーション〟を堪能しているお客様にとっても、何となく気になるトコロかもしれません。

私は、歴10年の現役の女性アロマセラピストです。

そこで、当記事では、現場からの本音をコッソリお話しさせていただきますねっ。

その前に…

そも。仕事はどれも大変。

その中で、アロマセラピストとしての仕事ほど魅力的な仕事は、今の私にはありません。

でも、どんな仕事にも、きついトコロ、大変なトコロは必ずあります。

だからこそ。

その仕事の良いトコロ、素敵な魅力が引き立つのです。

ですので、大好きなアロマテラピーの仕事の悪いところを書くことに、思った以上に時間がかかりました。

もっと簡単に書けると思っていたのですが…

それだけ、今の私には〝何だかんだ〟アロマセラピストがベストっていうのが、本音なのかもしれません。

でも、でも、

アロマのお仕事の「きついトコロ」「大変なトコロ」を数えたら、何と7個もありました!

普段は、なかなか言えない…

私たちアロマセラピストの〝7つの本音〟を、どうぞご覧ください☆

アロマセラピスト
アロマセラピスト
歴10年の現役のアロマセラピストです。今回は、このお仕事の〝きついトコロ〟をご案内いたします☆

7つの本音

1:休憩がゆっくりとれない

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】休憩がゆっくりとれない

雇用契約にもよりますが、ほぼ業務委託が多いセラピスト業界は、決められた休憩時間が〝ほぼ〟ありません。

一般の雇用形態は、5.5時間労働から30分の休憩、それ以上の勤務は1時間の休憩と労働基準法で定められています。

ちなみに、業務委託では個人事業主扱いになります(フリーランス☆響きは素敵?)

そんな、私たちアロマセラピストではありますが、予約が立て込んでいる場合などは、予約と予約の間のみ休憩となります(>_<)

もし、お客様が遅れてきたりご準備に時間がかかる方だったりすると…そのごく限られた休憩時間はほぼなくなります💦

予約と予約の間をインターバルとよんでいます。

この時間で準備、片付けも、ほぼ自分自身で行うことが多いので、その時間も含めると「ホッ」と一息つける時間は、限られています。

毎日決まった時間に〝ゆっくり座って休憩して〟ご飯を食べてみたいなあ…という気持ちがあるのは、本音です。

アロマセラピスト
アロマセラピスト

OLさんみたいに、素敵なランチタイム…アロマセラピストの憧れです。

2:早食い

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】早食い

お店の空いた時間(アイドルタイム)に、どれだけ素早く、お腹を満たせれるか!

となると、早く食べること!

が重要になります。

カラダには、良いことではないのですが、食べられないより全然良いですよね。

よく、綺麗な仕事だよね?!

と言われることが多いですが、実際かなりの力仕事で、ハードです。

だから、お腹が減っては力が出ない…と言うのが本音です。

ですので、普段の食事も、なかなか早食いの癖が抜けず…誰よりも早く食べ終わってしまうのです(笑)

アロマセラピスト
アロマセラピスト

施術と施術の間は、小休憩みたいなものなので、逆に言えばいつでも〝パッと〟食べられます♪

3:熱い

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】熱い

アロマの、オイルトリートメントの施術の際、お部屋の温度設定が、実は、身体にきつい…という本音があります。

これは、オイルマッサージ特有の悩みでしょう。

冬場は、外気の温度は基本寒いので暖房をかけますが、普段の生活レベル以上の温度設定にするのです。

何故ならば、お客様は紙ショーツ1枚だからです!

お店によっては、ベッドにホットマッドを敷いてる事も多いですが…

露出部分を冷やしては、効果は半減?!

どころか、体調を崩してしまわれる恐れがあります(>_<)

ですので、冬場でも、ほぼ施術ルームは約30℃近いです。

そして、夏場でも暖房を入れる場合も多々あります。

しかし、私たちアロマセラピストは、施術中かなり動くため…

つまり、汗だくです。

化粧は落ち、制服の下着はしっとり、なんてことも…女性としてはキツイというのが本音ですかね。

アロマセラピスト
アロマセラピスト

着替えがあると〝即効スッキリ〟リフレッシュできますよ。セラピストの方は是非☆

4:膝もんだい

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】膝の黒ずみ

接客時はもちろん、施術中も立ち膝になる事が結構多い業務です。

この仕事を始めて2、3年した頃気づいたのですが、膝が黒い!?

なぜ?アザができた?ぶつけた?と、色々考え思い当たることが無いのです。

その後も原因がわからず生活していく中で、なんとなく、スタッフとの何気ない会話で膝の話が出た時原因が判明しました!

原因は、仕事中の立ち膝!

しかし、なかなか、膝をつかないと不便なことが多いお仕事…

ところで。

実は、アロママッサージでは、椅子(キャスター付きの)を使えたり、結構、楽な体制で施術できるのですが、歴10年の前半、普通のボディケアのお店で働いている時に、特に、ヒザの様子が気になりました。

ヒザは、女性のオシャレには大切なポイントの一つ。

男性セラピストには、分からない、女性セラピスト特有のヒザ問題ですね。

アロマセラピスト
アロマセラピスト

椅子を使用したり、ヒザと床の間に、タオルやスリッパを挟んだりする習慣をつけましょう☆

5:手荒れ

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】手荒れ

私たちアロマセラピストの仕事は、手が主本です。

冬場はもちろん、夏もシッカリ保湿します。

常に、ささくれや手のケガに気をつけなければなりません。

ですが、冬場はどうしても、手を洗う時〝お湯〟を使いがちになりますよね…

気をつけていても、指先は荒れ、ささくれやひび割れができてしまいます(>_<)

365日、管理を徹底することは、ときに、きつい時もあるのが本音です。

アロマセラピスト
アロマセラピスト

セラピストだって、たまには、ズボラに生活してみたくなるものです。人間ですものね☆

6:指の痛み

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】指の痛み

体の大きな男性で、圧強目なお客様の場合。

60~120分くらい、ガッツリ自分の体重を〝親指一本〟にのせて圧をかけ続けなければなりません(>_<)

極まれに…

おひとり施術するだけで親指に痛みが出るような〝強圧モンスター〟のお客様も存在します。

ちなみに、親指の第一関節の柔らかさも、セラピストによってそれぞれあります。

第一関節から、90度になるくらい柔らかい人。

全く曲がらず、真っ直ぐな人。

私自身は、曲がらない方なので、強圧の方の時は、かなり親指全体に負担がかかります(>_<)

なぜなら、強く押すために曲がらない関節に、より不自然に負荷をかけて施術することになるからです。

女性にとっては、細くしなやかであって欲しいトコロ…

指が丈夫になるのも手放しで喜べない…という本音はありますね。

アロマセラピスト
アロマセラピスト

仕事の反復、継続性を踏まえると、本当は限界まで強く押すべきではないのでしょう。目の前のお客様のため、つい、頑張ってしまうのですよね。

7:一部の男性のお客様

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】男性のお客様

変態さん…

本当に極一部なんですけどね。

たまにいらっしゃると、かなり怖くて、男性のお客様に対して、不必要に警戒心が生まれてしまいます(>_<)

〝ほとんどの〟紳士的な男性のお客様には、本当に申し訳なく思うのですが…

女性にとって、個室での施術中に、一度でも男性のお客様の変態行為を目の当たりにすると…どうしても、男性のお客様が来るたびに。

この人は大丈夫かなぁ…

と、不安な気持ちになってしまうのが本音です。

もちろん、リピーターの男性のお客様や、ご指名の男性のお客様など。

本当に紳士な男性も、大勢いらっしゃるのですけどね☆

アロマセラピスト
アロマセラピスト

ときに問題はありますが、男女わけ隔てない環境でアロマテラピーの仕事をすることが、セラピストとしての器と可能性を広げてくれたように思います。

まとめ

いかがでしたか?

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】

と題して、ご紹介してまいりました。

アロマセラピストの卵や、リラクゼーション好きのお客様にとって。

少しでも、役立つ情報となれば、心から嬉しいです!

今回は、アロマセラピストのお仕事の「きついトコロ」「大変なトコロ」だけをお伝えしてきましたが…

それ以上に、遥かに『楽しいトコロ』『魅力的なポイント』『やりがい』『将来性』等々、言えばきりがないほどの、プラスの要素がある、お仕事ですからね!

何より、私がこうして、続けていることがその証拠です。

プラスの要素のついては、いずれまた、ですね (^_-)-☆

アロマセラピストの仕事はきつい?【施術者が明かす7つの本音とは】
今日もお疲れ様です!
>手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

「学びたいけど、余裕がない…」そんな、セラピスト、整体師、エステティシャン等の技術者が、極限まで無料で学べる、良質な動画コンテンツの作成を目指しています!

CTR IMG