セラピストにとって、指名を増やすよりも大切な3つのこと

セラピストにとって『指名を増やす』より、大切な3つのこと

セラピストにとって『指名を増やす』より、大切なことは3つあります。

  1. 将来設計を持つこと
  2. 楽しく働けること
  3. 身体を壊さないこと

の3つです。

他にもあるかもしれませんが、今回は、この3つについてお話ししますね。

1:将来設計を持つこと

将来の働き方、考えてますか?

あなたは、2~3年先、どのような働き方をしていますか?

目標を持って歩めていますか?

  • 今と同じ
  • 開業する
  • 副業する
  • 辞める

セラピスト・整体師・エステティシャンとしての道は、何も開業だけではないでしょう。

ただ、もし、開業したいと思っているのに、今日、そのための行動を何もできてなければ、ずっと、今のままです。

副業にしろ、辞めるにしろ、今のままが嫌なら、何かしなくてはいけません。

もちろん、今のままを維持したいという方の場合は、何もする必要はないかもしれませんが。

ただ、今は、先が読めない時代です。

産業革命以来の大革命時代に突入すると言われる今、私たちセラピストも、より良く生き残るためには、やはり、最低限の成長活動は必要にも思います。

ミナミ
指名の話に戻しますね(__)

セラピストとして『指名を増やす』ことの意味を、忘れると、返ってマイナスになりかねません。

なぜなら、指名するようなお客様は、一般に強押しの方が多いからです。仮に、強押しでなくても、こだわりが強い方が多いです。

つまり、指名以外のお客様の方が気楽だし、セラピストの身体にかかる負担も小さいのです。

ですので、ただ、やみくもに『指名を増やす』と、返って苦しくなってくるのです。

ミナミ
私がそうでした(^^ゞ

ですので、まず、

  • 何のために働いているのか?
  • これからどうなりたいのか?

という、将来設計を持って(できるだけ明確にして)前向きに、働くことが大切なのです。

2:楽しく働けること

楽しく働けてますか?

これも、本当に大切ですね。

そもそも、何のために、生きているのか?

と言われたら、楽しむために生きている、とさえ言えそうですしね。

もちろん、指名が多くて楽しく働けるなら、それが最高でしょう。

ただ、実際は、指名の多さと、仕事の楽しさは比例しないように思います。

セラピストにとって、指名は、それなりに負担ですからね。

では、どちらを優先しますか?

将来設計にもよりますが、施術者としての未来を考えるなら、楽しく働ける方を選んだ方が正解でしょう。

3:身体を壊さないこと

身体、壊してませんか?

けっきょく、これに尽きます。

将来設計の通りに生きられる人など、極小でしょう。

身体を壊して、楽しく働けることはありえません。

ですので、まずは、身体を壊さない働き方を身につけてほしいのです。

私たちの業界は、ここら辺への配慮が足りていないのです!

それは、業界をコントロールしてる、上位層の人は、経営者だからです。たとえ、もと施術者であっても、今は経営者なら、同じことです。

セラピスト・整体師・エステティシャンの関節を守るより、売上を守ることが、彼らの仕事だから、当然、そうなります。

現場の先輩も、みんな自分のことで必死でしょう。

だから、あなたの関節を守ることができるのは、あなたしかいないのです!

私が、歴15年のセラピストとして、皆さまに、絶対に、伝えたいこと。それが、とにかく、身体を壊さない働き方をしてください!!!

ということです。

指名を増やすor身体を守る

指名を増やす施術or身体を守る施術、どちらを優先すべきか?

将来設計にもよりますが、基本的には、2つの考え方があります。

最速、上達、開業型

まずは、ある程度、セラピストとして、指名を自由自在に取れるようになるまで、お客様にとってのベストな施術を追及してみる。それから、関節を壊さない施術や、自分の型を習得する。

最速で、開業したい方や、上達したい方は、こちらがベストでしょう。

ミナミ
一度は、お客様の感覚に合わせ切ってみることで、自他の限界値がみえてきます。

ただ、切り替えのタイミングが遅くならないように注意です。

1日8時間、週5のシフトなら、半年~1年飛ばせば、指名の増減を、ある程度コントロールできるようになるはずです。ですので、半年~1年の間には、切り替えるようにしてください!
ミナミ
早いと感じるかもしれませんが、一度壊れた関節は、ナカナカ元には戻らないからです。

堅実、成長、柔軟型

まだ、開業までは考えてない方や、他の仕事にも魅力を感じてる内は、とにかく、自分の関節を守る施術をしてください。

つまりは、力加減を、Maxの90%程度に抑えてください!

あとは、技数や、接客などで対処です。

ただ、雑な施術にはならないように注意です。

ミナミ
始めに、雑な施術が身につくと、あとから戻すことは容易ではありません。
丁寧な施術、私がオススメする『流圧』のような、施術法を用いながら、力加減のMaxを90%程度に収めつつ、多様な手技や解剖知識を学びながら、スキルアップを楽しめたら理想です。

指名が取れるセラピストの葛藤

指名が取れるようなセラピストは、他者の言動に対して、敏感なはずです。

  • 手抜きのような施術はしたくない
  • 本当はもっと押せるのに…

ただ、その繰り返しが、あなたの関節を着実に壊していくのです。身体のことを理解している方ならわかるはずです。

ですので、あなたの身体を壊さないために、力加減のMaxを抑えることは、手抜きをしているわけではありません!!!

未来のお客様のケアを見据えた上で、絶対に必要なことであり、仕事人として当たり前のことなのです。

あなたが壊れたら、誰が、そのお客様をケアしていくのですか?

関節を壊したあなたは、セラピスト・整体師・エステティシャン以外の仕事でも、社会への貢献の幅が狭まりませんか?

あなたの関節を守れるのは、あなただけです!

指名が取れる、あなたの施術を、関節を、殺すことを望んでいる方は一人もいません。

あなたを生かせるのもまた、あなただけ、なのです☆

まとめ

セラピストにとって、指名を増やすより大切な、唯一のことと言えば。

それは、身体を壊さない働き方を習得することです。

ともすれば、逆行しがちな、指名を増やす働き方と、身体を壊さない働き方。

ミナミ
ふつう、逆行しますね。

そこに、将来設計を加えて、考えてみてください。

指名を増やすよりも、楽しく働ける未来を☆
セラピストにとって、指名を増やすよりも大切な3つのこと
今日もお疲れ様です!
>手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

「学びたいけど、余裕がない…」そんな、セラピスト、整体師、エステティシャン等の技術者が、極限まで無料で学べる、良質な動画コンテンツの作成を目指しています!

CTR IMG