ロミロミ(lomilomi)の応用手技のスクール動画

ロミロミ/lomilomiのやり方【動画】で学ぶ5つの応用手技

ロミロミ(lomilomi)を応用したオイルトリートメントの手技

ハワイアンマッサージで有名な、ロミロミ(lomilomi)を応用したオイルトリートメントの手技をご紹介します。

当スクールでは、『うでロミ』と呼んでいる5つの手法です。

  1. 腕回し
  2. 引き回し
  3. 押回し
  4. 交互回し
  5. クロスエルボー

ひょっとしたら、ロミロミ(lomilomi)と似たような流れもあるかもしれませんね。

では、さっそく、『うでロミ』5手技のご紹介です!

『うでロミ』5手技

難しく見えますが、ヒジ圧に慣れている方なら、以外とスムーズにできるかと思います。

強くも弱くも調整可能で、術者にも受け手にも気持ちよく、見た目の演出効果も高いので、オイルマッサージをされる方はぜひお試しください!

1:腕回し

ロミロミ、腕回し

  1. 手掌で、肩~手の平まで流す
  2. 手の平を圧迫
  3. わきを閉め、自然にヒジが触れながら、腰~肩へ戻る(背中位からでも大丈夫です)
  4. 肩あたりで自然に手掌に戻る

もっとも、基本的な腕回しの手法です。

いかに、腋を狭く閉めることができるかが、ポイントですが、私のように肩幅が広い方には、限界があるので、無理せず、背中あたりからでも大丈夫です!

2:引き回し

ロミロミ、引き回し
動画では引き回しはありません!
  1. 腕回しの流れで、腕を回らず、背中を回します。
  2. 引き込むときに力を入れ、押し流すときは脱力します。
ミナミ
撮影時、引き回しを忘れてしまいました(__)

3:押回し

ロミロミ手技、押回し

  1. 引き回しの反対回しです。
  2. 押し込むときに力を入れます。
  3. 引き込むとき(戻り)は、★印(小円筋)のあたりで効かせられたらベスト。
ミナミ
肩甲骨の外側部、小円筋のあたりを、ヒジで狙うのは少し慣れも必要かも。

4:交互回し

lomilomi、交互回し

  1. 右手と左手を、交互に押回しします。
  2. 上体を左右に揺らし、肩甲骨の上角へシッカリ引っかけるように。
ミナミ
身体(重心)を揺らし、肩~肩甲骨の上角までシッカリアプローチしましょう。上手くできると、施術者にも気持ち良い技ですよ!

5:クロスエルボー

lomilomi、クロスエルボー

  1. 片ヒジ(尺骨)を、後頭骨(天中~完骨)にセット&牽引圧。
  2. 片ヒジ(尺骨)は、肩甲骨上角を牽引圧&押回し。
  3. 強押しの場合は、後頭部と肩甲骨の上角で持続圧を加えても良い。
ミナミ

弱めの方の場合、後頭部のヒジをスライドさせて、手掌圧迫に切り替えましょう。

 

まとめ

思ったより、スッとできる技です!

ただ、尺骨(しゃっこつ)を使うためには、いかに脱力できるかがポイントになります。

流れるようなロミロミ(lomilomi)のイメージで、重心移動で気持ちよく動いてみてください。

ミナミ
手の平からヒジ、ヒジから手の平と自在に繋げるようになりましょう!
ロミロミ(lomilomi)の応用手技のスクール動画
今日もお疲れ様です!
>手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

「学びたいけど、余裕がない…」そんな、セラピスト、整体師、エステティシャン等の技術者が、極限まで無料で学べる、良質な動画コンテンツの作成を目指しています!

CTR IMG