お客様からの失礼な質問への答え
「なんで整体師になろうと思ったんですか?」

1ヶ月に1回は、必ず聞かれるこの質問…。

「身体を動かすことが好きだからです。」

と、正直に答えてきた私。

しかし、決まって、会話が止まります。

なぜ?

今日は、このことについて、整体セラピストになって15年、初めて整理してみました。

なぜ止まる?

そもそも、自分で聞いておいて、なぜ止まるのでしょう?

ましてや、聞かれてる私(男性セラピスト)からしたら、あまり気持ちのよい質問ではありません。

今さら、あなたに面接される筋合いはないです…。

15年、ずっとそう感じてきましたが、やはり、バカ正直に答え続けてきました。

「何で整体師になろうと思ったのですか?」

「自分が、この仕事を選んだのは、身体を動かすことが好きだからです。」

でもなぜ?

決まって、そこで会話が一瞬止まります。

失礼な面接官ですよね(^^ゞ

ともあれ、今回。

そのことについて、知人の女性セラピストに初めて聞いてみました。

「あ~止まるのわかる気がする。なんでかな…、身体を動かすことが好きだから?って感じるかな」

つまり、なんか理由に納得できない…というのです。

なるほど、私が感じていた違和感の正体は、どうやらこれのようですね。

求めていた答えと違う

人が何かを質問するとき。

実は、ある程度、求める答えが決まっていることが通常ではないでしょうか。

そう考えてみると、今回の問題が見えてきます。

知人の女性セラピストいわく、こういいます。

きっと、お客様が求めていた答えと違うんじゃないかな…と。

なら、例えば、

「身体一つで不調を取り除けるようになりたかったから」

「心と体に向き合えることに、やりがいを感じたから」

「一流の整体技術を極めたかったから」

と言ったらどうですか?と聞くと

それですよ!それなら、きっと答えやすいと思う、と言うのです。

なるほど、言われてみたら確かに私も納得です。

つまり、質問したお客様自身が求めていた答えと、あまりに違う角度から、私が回答を飛ばしてしまっていたことが原因みたいです。

正解は?

求めていた答えと違ったから。

だから、お客様はフリーズしていたのですね。

それがわかっただけでも、収穫でした。

ですので、これからは、先ほどのような模範的な回答を試してみたいと思います。

ただ、もっと、素敵か回答はないものか…。

少し考えてみました。

「何で整体師になろうと思ったのですか?」

「自由…ですかね。」

これならどうでしょう?

知人の女性セラピストに聞いてみました。

「面白い…想像が膨らむ!」

と、一番上がった反応をしてくれました。

自由という言葉は、色々な意味があるだけ、お客様の好きなように解釈できるはずです。

しかも、ありきたりな模範解答より、お客様の体と心まで〝ホッと〟緩ませるような、そんな回答ではないでしょうか。

まとめ

「何で整体師になろうと思ったのですか?」

「そうですね、自由…ですかね。」

ちょっと試してみるのが楽しみになる、そんな答えをみつけました。

この回答に対する、実際のお客様の反応についても、またいつかお伝えできればと思います。

皆さまも色々試してみてくださいね!

それでは、また(^^)/