【嫌な客の対処法】もらいやすい 疲れやすい セラピストと整体師へ

嫌なお客様への対処法「話を聞かないセラピストになろう!?」

【嫌な客の対処法】もらいやすい 疲れやすい セラピストと整体師へ

今回は、嫌なお客様への対処法「話を聞かないセラピストになろう!?」

と題してみていきましょう!

前回、あの人を施術するといつも疲れる…というセラピストや整体師の方は。

ひょっとして、お客様から悪い氣をもらっているせいかも!?

という内容でお送りしてきました。

前編はこちら

なぜか、あの人を施術するといつも疲れる…というあなた。ひょっとして、疲れやすいのは、悪い氣をもらっているせいかも!?自分は、受けやすい。もらいやすい。という、切実なあなたはもちろん。霊感とは一切無関係[…]

整体師とセラピストの霊感もんだい。疲れやすいのは氣をもらうから?

今回は、そんな自分にとって「嫌な客」「苦手な客」への具体的な対処法について。

一緒にみていきたいと思います!

私は、疲れやすい…。もらいやすい…。

という、セラピストや整体師の皆さまはもちろん。

「上手くなりたい」全てのセラピストへ上達のヒントをお届けします!

多くのセラピスト、整体師、エステティシャンの方にご覧いただければと思います。

それでは、今回も…

3人の登場人物に対談してもらいましょう!

ダン先生
登場人物A
整体歴17年。42歳。「ダンと申します」好きな映画は、宮崎駿。好きな書物は、司馬遼太郎。霊感ゼロ、論理を愛するの典型的な男性タイプ。
ジュン先生
登場人物B
みなさん、こんにちは~。セラピスト歴3年目「28歳のジュンで~す!」私は、難しいことは苦手。でも、やればできる子だって言われています!
レイ先生
登場人物C
はじめまして。「レイ、32歳です」セラピスト歴7年目になります。小さいころから霊感がありました。慶応大学卒業のエリートヨガ講師でもあります。

嫌なお客様への具体的対処法

ジュン先生
ジュン
こんにちは~
今回は、前回の「整体師とセラピストの霊感もんだい。疲れやすいのは氣をもらうから?」の続きをお話ししてゆきますね~
ジュン先生
ジュン
前回は、確か、もらいやすい体質の整体師、セラピスト、エステティシャンの方は存在する。ってところで終わりましたよね!
レイ先生
レイ
そうね。
(そもそも、感覚を否定されても困るのだけれど)
ジュン先生
ジュン
その続きって何から話しましょうか~?
レイ先生
レイ
例えば、もらいやすいセラピスト、疲れやすい整体師に対する具体的な対処法などのアドバイスはどう?
ダン先生
ダン
たいがいは、気の持ちようだと思うけどな。
ジュン先生
ジュン
また、そんなこと言わないで一緒に考えましょうよ~
レイ先生
レイ
ダン先生みたいな、鈍感で合理的な人の意見は、逆に参考になるはずよ。
ダン先生
ダン
複雑な表現だな。
ジュン先生
ジュン
じゃあ、ダン先生から何か一言、もらいやすい人に対するアドバイスをどうぞ~
ダン先生
ダン
そうだな。
まず、本当にもらいやすい人だとしても、やはり、第一には、気持ちの問題、つまりそのセラピスト自身の思考、すなわち脳の部分で負の影響が生じてる部分が大きいと思うから、俺からアドバイスできるのは、気持ちを切り替える術を持つことが大切だってことかな。
ジュン先生
ジュン
う~んと…
わかるような、わからないような。
ダン先生
ダン
パーセンテージの問題だよ。
つまり、もらう体質による被害は5%未満、残りの95%以上は、もらうと思うことから生じる自己暗示的な要素だってことだ。
ジュン先生
ジュン
う~んと、つまり?
ダン先生
ダン
思考の力、つまり脳だよ。
レイ先生
レイ
それは、少しわかるわ。
ジュン先生
ジュン
う~んと、じゃあ。
その脳をどうしたらよいのですか?
ダン先生
ダン
そうだな。
自分の思考なんだから、自分の考え方次第だからな。
そうか、だからか。
ジュン先生
ジュン
えっつ、だからって?
ダン先生
ダン
だから、手を洗ったりするんだろ?
レイ先生。
レイ先生
レイ
そう。それは大きいわ。
つまり、思考で思考を切り替えることは難しいから。
ダン先生
ダン
だから、身体に特定の刺激を与えることで、自らの精神状態をリフレッシュさせるってわけだよな。
ジュン先生
ジュン
脳を切り替えるための、身体への刺激か~
なるほどです。
ジュン先生
ジュン
具体的にどんな刺激方法があるのですか?
レイ先生
レイ

・手を洗う。
・身体を払う。
・身体や顔をたたく。
・腹から叫ぶ。
・シャワーを浴びる。

などが有名かしら。

ダン先生
ダン
切り替えるためには、速攻性があるものがよいよな。
レイ先生
レイ
そう。
仲間とグチるのも、悪くないけど、気持ちが増殖しやすいから、切り替わるまでに時間がかかるし、下手をすると、負の方向へ増殖してしまう可能性もあるから。
ジュン先生
ジュン
(私だったら、すぐ誰かに愚痴っちゃうな…)
なるほどです~
ダン先生
ダン
水はよいかもな。
昔から「水で流す」っていうもんな。

水で流す、手を洗う【嫌な客の対処法】もらいやすい 疲れやすい セラピストと整体師へ

お客様の話を聞かない

ジュン先生
ジュン
あと塩も有名ですよね!
レイ先生
レイ
そうね。
私は、軽く済ませるときは、身体を払って、時間があるときには手を洗うわ。
ジュン先生
ジュン
そういえば、私も無意識にやってるかも。
冬場はお湯で洗ってるけど、良いにおいの石鹸使うと、凄いリフレッシュできます~
ダン先生
ダン
まあ、手を洗うとスッキリするよな。
ジュン先生
ジュン
とりあえず納得なんですけど~
他に何か秘策みたいな方法ありませんか~?
レイ先生
レイ
秘策かどうかはわからないけど。
お客様の話を聞かないこと。かしら。
ジュン先生
ジュン
えっつ!?
ど、どういうことですか??
ダン先生
ダン
半、半。って感じだろ。
レイ先生
レイ
そう、より正しくはそうね。
ジュン先生
ジュン
半、半…??
え~と、半分が何で、半分が何ですか~(>_<)
レイ先生
レイ
ごめんなさい。
少しわかりずらいわよね。
もちろん半分は、お客様の話を聞くこと。
ダン先生
ダン
そして、残りの半分は、話しを聞かないこと。だな。
ジュン先生
ジュン
(二人で打ち合わせでもしたの…)
レイ先生
レイ
ただ、無視するのとは違うの。
話しに入り込みすぎないであげるっていうか。
施術や、お客様の体調管理等を冷静に分析する余力を残しておくというか。
ダン先生
ダン
表現が難しいよな。
俺もいつも施術中に心がけていることだけどな。
ジュン先生
ジュン
う~ん、まだイマイチだけど。
ダン先生は、もらいやすい人じゃないのにですか~?
ダン先生
ダン
施術に対しての心がけという点では、半、半っていう意識が一番かもな。
ジュン先生
ジュン
一番!?
そんなに大切なことなんですか~。
レイ先生
レイ
確かに、表現が難しいことね。
ただ、経験を得たらだれでも感じると思うわ。
ダン先生
ダン
だな。
結局、半、半でいることが一番満足してもらえるんだよな。
レイ先生
レイ
全く価値観の同じ人はいない。
だから、思い切り話させてあげるためには、ある程度聞かないことが本当に大切なの。
ダン先生
ダン
俺なんか。
相手が何話してるのか、わからないけど、返事だけはしてるぜ。
自分でもときにおかしくなるけどな。
レイ先生
レイ
でも、そういうときは、大体良い施術になるでしょ。
入り込み過ぎると、ろくなことないわね。
ジュン先生
ジュン
なんか逆説的ですね~
ダン先生
ダン
難しい言葉知ってるな。
ジュン先生
ジュン
(意味あってた…?)
ま、まあ、私だって、一応セラピストなんだし~。

セラピスト、整体師にのとっての嫌な客と良い客について

高揚鎮静(こうようちんせい)と好き嫌い

レイ先生
レイ
ねえ。
私たちセラピストは、お客様を高揚(こうよう)させたい?
それとも、鎮静(ちんせい)させたい?
ジュン先生
ジュン
そ、それは、鎮静ですよ。(どっち~??)
ダン先生
ダン
そりゃそうだろ。
でも、改めて問われると考えるよな。
ジュン先生
ジュン
(ダン先生がそうなら私が迷って当たり前だったのね~)
そう まあ一瞬、ですけどね~。
レイ先生
レイ
じゃあ、あと一つ。
パナソニックの創業者として有名な、松下幸之助さんが語ったといわれる、2:6:2の法則ってわかる?
ジュン先生
ジュン
え~と確か(今日はクイズばかり(´・ω・`))
自分のことを好きな人が20%
どうでもいい人が60%
嫌いな人が20%でしたっけ…?
ダン先生
ダン
以外ともの知りだな。
ジュン先生
ジュン
ま、常識的な~。(昨日たまたまテレビでやってて良かった…)
レイ先生
レイ
そう。
だからセラピストは、一歩引いたところで、話をすることが大切なの。
ダン先生
ダン
お客様に話をさせるようにすることだよな。
ジュン先生
ジュン
う~んと…?
レイ先生
レイ
じゃあ。
ジュン先生は、人の話を聞くのと、人に話を聞いてもらうの。
どっちが好き?
ジュン先生
ジュン
どっちかな~。
どっちもだけど、どちらかというと聞いてもらう方です。
ダン先生
ダン
そりゃそうだろ。
赤ちゃんから、お年寄りまで、人間心理だよな。
レイ先生
レイ
では、お客様になったつもりで考えてみて。
20%の嫌いなタイプのセラピストと、60%のどうでもいいタイプのセラピストの話を聞かされたらどう思う?
ジュン先生
ジュン
まあ、メンドウです~。
ダン先生
ダン
気を使うよ。休みにきたのに疲れるよな。
イラつくこともあるよ。
レイ先生
レイ
じゃあ、運良く20%の好きなタイプのセラピストだったら?
ジュン先生
ジュン
楽しいと思います。
レイ先生
レイ
ホントかしら?
ダン先生
ダン
相手がちゃんと聞いてくれることを前提としてだよな。
ジュン先生
ジュン
あ、そうです!
レイ先生
レイ
そう。好き嫌いいずれにせよ。
お客様に話をさせることがポイントなのよ。
セラピストの話はその呼び水として用いるもの。
ダン先生
ダン
あとは、お客様がヒートアップし過ぎないように、調整してあげることだよな。
レイ先生
レイ
そう。
セラピストからしても話しやすい好きなタイプのお客さまと感じることあるわよね。
そんな、時こそ気を付けないと、話に火がつき、お客様を高揚させてしまうものなの。
ジュン先生
ジュン
あ、わかります。
しゃべり過ぎてしまい、あとで疲れたり。もう少し施術に集中したかったと思うこと以外と多いかもです。
ダン先生
ダン
そんなときは、お客様からしても、施術自体への物足りなさがあとから込み上げて来るものなんだよ。
こっちは、話してあげたつもりでもな。
レイ先生
レイ
そう。
だからお客様を過度に高揚させてはいけないのよ。
ダン先生
ダン
深く鎮静させるために、一時的な高揚までは、持ち上げることもあるけどな。
レイ先生
レイ
そう。
最終的に目指すところから、常に意識を切らさずコントロールすることが一番大切。
ジュン先生
ジュン
あ、半、半の感覚がわかってきたかもです!

セラピストにとって嫌な客への対処法「呼吸法と中心軸」

呼吸法と中心軸

ジュン先生
ジュン
でも、そういえば、それと、もらいやすい疲れやすいセラピストの対処法ってどう関係あるのですか?
レイ先生
レイ
ああ、そうね。
お客様の話しに入り込み過ぎて、自分の中心軸を失ってしまうと、もらいやすい状態になるの。
レイ先生
レイ
あとは、お客様自身も話に入り込んでしまい、自己表現のエネルギーが外圧的に膨らむの。
つまり、セラピストに気を与えやすい状態になりやすいの。
レイ先生
レイ
さらに、セラピストまで話にのまれて、そこに同調してしまうのだから、なおさらよ。
ダン先生
ダン
気とか抜きに心理的に考えても、まさしくだろ。
だから、半、半な。
ジュン先生
ジュン
うわ~!!!
なるほどです~。なんか半、半って凄いですね~。
レイ先生
レイ
わかってもらえたみたいで嬉しいわ。
ダン先生
ダン
まあ、歴17年の俺でも、半、半を極めるところには、ほど遠くてな。
まだまだ、のまれること度々だな。
でも、常に心がけてるんだよ。
ジュン先生
ジュン
ダン先生は、なんだかんだ優しいですからね~。
レイ先生
レイ
じゃあ、秘訣その2。
施術中に、呼吸法を行い、施術者自身の中心軸を保つこと。
ジュン先生
ジュン
呼吸法!?
かっこいいです!
レイ先生
レイ
私の最近のおすすめは、ウジャイ呼吸よ
ダン先生
ダン
アゴを引いて、喉をしめるようにして、空気の通り道を狭くして、シューシューというような呼吸音を出すやつだよな。
ダン先生
ダン
そう。
ただ、喉を痛めやすかったりもするから、音をだすことより、呼吸に集中することが大切よ。
ジュン先生
ジュン
そういえばなんですけど。
なんか、疲れずづらい、元気なタイプの整体師さんなんかには、呼吸音が大きいひとが多いなぁ~って。
これって正しかったのですかね?
ダン先生
ダン
俺も17年の中で感じてたよ。
だから、意識して音を出すように途中で変えたんだ。
ジュン先生
ジュン
なんか、恥ずかしいし、お客様に失礼だと思ってどうしても、呼吸音を消すような癖が身についちゃってるかもです~
ダン先生
ダン
わかるな。
俺も気づいたら、呼吸音が消えてしまうんだよ。
元気でタフな整体師やセラピストは、終始一貫して、程よい呼吸音が鳴っているんだけどな。
レイ先生
レイ
まあ、そうね。
ただ、音だけを意識し過ぎないで。
本当に喉によくないから。
ジュン先生
ジュン
でも、何で、呼吸音があるセラピストは、疲れづらいのですか?
もらいやすい人の対処法として有効なのですか?
レイ先生
レイ
(ジュン先生…まとめに入ってきたわね)
それは、意識を内面に向けることができるから。
そして、自分の周囲に空気のバリアみたいな自己の分身的なスペースを保ちやすいから。かしら。
ダン先生
ダン
俺なんかも呼吸が深いタイプでは、ないけどな。
それでも、寝てる時なんかは、スース―寝息が立つだろ。
つまり、呼吸音が立つことは、深くリラックスできている証拠でもあるんだ。
ダン先生
ダン
交感神経が優位の活動時では、どうしても呼吸が浅くなるだろ。
だから逆に、リラックスするために、呼吸から深めようってわけだよ
レイ先生
レイ
つまり。
呼吸音を出すことで、意識を自己の内面に保ちやすく、お客様から生じる様々なエネルギーの影響を受けづらくなる。
そして、深い呼吸から自己の周囲に大きな空気の流れが生じるため、自分の空間を広くとれるから、嫌なお客様からの負の邪気が届きづらくなる。
ダン先生
ダン
あとは。
呼吸が深まると、精神的にリラックスできるから、冷静に会話、半分、施術、半分の理想のサービスから意識が途切れず、精神的にも肉体的にも自己のコントロール下にあり続けることができるから、疲れづらい。
ジュン先生
ジュン
なるほどです!

どうしても嫌なお客様

ジュン先生
ジュン
そういえば今回は。
嫌なお客様への対処法「話を聞かないセラピストになろう!?」
ってタイトルでしたよね。
ジュン先生
ジュン
なので最後に!
どうしても…どうしても…合わない、嫌な客、苦手な客…と感じてしまうタイプのお客様には、どうすればいいとかありますか?
ダン先生
ダン
それは、予約を取らないようにすることだな。
レイ先生
レイ
そうね。
あとは、減らしたり、短い時間で受けたり、とにかく調整することよ。
ジュン先生
ジュン
えっつ、でもそうですよね…。
仕方ないことなのかもですね。
レイ先生
レイ
できることなら全員にサービスを提供したいけど。
それはそもそも不可能なの。
ダン先生
ダン
俺たちもまた、人間だからな。
2:6:2の法則から考えても、俺じゃない他の整体師だったら、そのお客様と自然でいることができたり。
レイ先生
レイ
私じゃない、他のセラピストだったら、そのお客様の邪気を引き出すことがなかったり。
ジュン先生
ジュン
そうなんですね。
トップセラピストと、売れっ子整体師のお二人がそう言うなら、それが正解なのかもですね。
ダン先生
ダン
プロ意識ってやつかな。
整体で食っていくための技術の一つというかな。
レイ先生
レイ
セラピストを長く続けるうえでも重要なスキルよ。
レイ先生
レイ
整体のスクールでは、絶対教わることができないことですね~
レイ先生
レイ
でもね。
嫌な客だから一生、やらない!ってカタクナに拒むのあまりオススメしないわ。
ダン先生
ダン
心が逆に囚われるしな。
レイ先生
レイ
サラッと、自然に。
今は縁がなかった。そう捉えることよ。
ダン先生
ダン
だな。
仮に、俺らの代では合わない客と整体師だとしても。
子供や、孫の世代では何かの縁があったりしたりな。
レイ先生
レイ
嫌な客=嫌な自分。
相手の嫌なところを認め、自分の嫌なところも認めること。
ダン先生
ダン
改善しようとせずな。
ただ、認めることだよな。
ジュン先生
ジュン
深いですね…
なんかセラピストとして成長できた気分です。
ジュン先生
ジュン
あ、私凄いことに気が付いちゃいました!!
なんか、今日教わった対処法、時間軸的に整理できそうじゃないですか?
ダン先生
ダン
鋭いな。
ジュン先生
ジュン
まず、施術後の対処法、施術中の対処法、施術前の対処法って順に教わった気がしたんです~。
レイ先生
レイ
そういわれたら、時系列にそうね。
一つだけ、付け足していい?
ジュン先生
ジュン
えっつ(早くまとめた~い)
もちろんです!
レイ先生
レイ
できれば予約を取りたくないけど、雇われの間は簡単には断れないお店がほとんどだと思うし、開業してても「今までの習慣で」つい予約を取ってしまうことは、現実にはよくあると思うの。
レイ先生
レイ
そんな時はね。
そこから、いかに早く気を切り替えるかが大切。
ダン先生
ダン
だな。まずは。
このお客様をとって、こんなに辛い気持ちになっている自分を認めること。
次回は一度とらないようにしよう。
と、きちんと今後のことを整理する。
ダン先生
ダン
そして、これから控えている施術のことを考える。
半、半のコンロロール等を整理しておくことだな。
レイ先生
レイ
そして、一通り整理し終わったら、必ず気を切り替えること。
ダン先生
ダン
考えすぎても、もはや変わらないしな。
キャンセルになることも意外とあるぜ。
レイ先生
レイ
本を読むっていうか。
文字を読むっていうのは、オススメの切り替え方法の一つよ。

まとめ

ジュン先生
ジュン
なるほどです~
ちょっと、お二人から教わった対処法を整理してみたのですが、こんな感じでいかがでしょうか?
タイミング嫌なお客様
への対処法
日常・予約の調整
施術前 ・気持ちを素直に感じる
・今後のことを整理する
・今日の施術をイメージ
・気分を切り替える
施術中・半、半
・呼吸法
施術後・手を洗う
・身体を払う
・身体や顔をたたく
・腹から叫ぶ
・シャワーを浴びる
レイ先生
レイ
さすがね。
よく整理されてる。
ジュン先生
ジュン
ありがとうございます!
ダン先生
ダン
今回はとりあえずここら辺だな。
ジュン先生
ジュン
は~い!
何とか、まとまって良かったです☆
ジュン先生
ジュン
今回も、難しいテーマでしたね。
「嫌なお客様」「嫌な自分」
なんだか、セラピストとして、また新たな階段を上った気がしたジュンでした☆
ジュン先生
ジュン
やっぱり…レイ先生とダン先生は息がぴったりでしたね~(^_-)-☆
前編はこちら

なぜか、あの人を施術するといつも疲れる…というあなた。ひょっとして、疲れやすいのは、悪い氣をもらっているせいかも!?自分は、受けやすい。もらいやすい。という、切実なあなたはもちろん。霊感とは一切無関係[…]

整体師とセラピストの霊感もんだい。疲れやすいのは氣をもらうから?

【嫌な客の対処法】もらいやすい 疲れやすい セラピストと整体師へ
今日もお疲れ様です!
>手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

「学びたいけど、余裕がない…」そんな、セラピスト、整体師、エステティシャン等の技術者が、極限まで無料で学べる、良質な動画コンテンツの作成を目指しています!

CTR IMG