お客様からもらいやすい整体師・セラピストへ

よければ、上の音声動画をどうぞ!

私が実践した方法

ご覧くださりありがとうございます。

当記事では、動画の中でお話しした、整体やエステの施術中などにお客様からもらう邪気への対処法や予防法、そして、動画ではお伝えしきれなかった細かな部分を簡単に整理してお伝えいたします。

多分、合う方法と合わない方法があると思います。以下は全て、整体リラクゼーション店舗で、私が実際に試してみた方法ですが、長く続いたものと、そうでないものがあるからです。人や環境(エステサロンや整体店舗など)により、最適な対処法も違ってくると思いますので、色々チャレンジしてみてくださいね!

3つの予防法

1:粗塩を身につける

あら塩を持つ

塩は邪気を祓うといわれています。

葬儀に出席すると、お清めの「塩」が付いてくる事は皆さんもご存知かと思います。

【粗塩の身に着け方一例】

私が実際に、リラクゼーションサロンで使用していた時は、真っ白な布などに粗塩を小さじ1杯位を包みこぼれない様に小さな袋にいれ、制服の胸ポケットに入れて施術してました。

(食塩では効果がないと聞きました)

2:天然石ブレスレット

その人に合った石を身につけることが1番効果があるそうです。

水晶は邪気を払うには効果的ということも聞きました。

私の場合、水晶と何か2、3種類をブレスレットも作ってもらいましたが、体質に合わずつけると頭が重くなった為使っていません。

3:お客様に感情移入し過ぎない

どのような整体リラクゼーションサロンでも、まずカウンセリングをしてから、お疲れなところや、そこに至るまでの経緯など聞いたり書いてもらったりすると思います。

その際、あまりその方のお疲れについて、深部の感情レベルまで考え過ぎないことです。

施術を始めて、身体に触って凝っている所を見つけた時に、カウンセリングでの原因を考えて、気持ちをその方へ向け過ぎないことですかね。

うわの空とまでは言い過ぎかもしれませんが、施術に感情はのせない!ということです。

上手く言い表せずすみません(__)

対処法

邪気を払う対処法(手を水で洗う)

施術後は必ずすぐ手を洗う

  • 冷水
  • 粗塩(もしあれば使いましょう)

まず、左てから流水に10秒位あてます。

その後、あれば粗塩で両手を洗います。

出来れば、タオルも皆が使用するものではなく自分の物やペーパーで拭き取りましょう。

※からだの左側から邪気が入ると言われているようなので、左から洗います。

追記:ブレスレットも出来れば左にすると良いようです。

まとめ

以上、私がこれまで出会ってきた同じ経験がある沢山の整体セラピストから教えていただきやってみた予防&対処法です。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです!

( ᵕ·̮ᵕ )