マタニティケア・産前産後リラクゼーションの3つのメリット

stand.fm

#マタニティー #産前産後 #産前 #女性セラピスト #女性整体師…

↑当ブログは音声を聞きながら読めます♪

武器を探している女性セラピストへ

整体師、セラピストの方で他店と差別化できる、独自の武器を探している方へ。

『マタニティケア』というものがあります!というお話です。

  • マタニティ整体
  • 産前産後ケア
  • 産後の骨盤調整

など、言い方や狙いは、若干異なります。

特に、今回は、産前(さんぜん)のボディケアを行うことの利点についてお伝えします。

わたし自身は?

ちなみに、私自身は、産前のボディケアは行っておりません。集客に悩むときや、憧れはあるのですが、男性セラピストですし今現在は良いかなと。

ただ定期的に、ご妊娠中の方からのご予約をお断りしている状況です。

流産のリスク

産前のボディケアを避ける方が多いのは、流産のリスクがあるからです。

実際、施術行為との因果関係が証明される可能性は、極めて低いように思うのですが、やはり何かあれば、その原因を追求したくなるのが人間心理だからです。

最悪の場合、裁判の結果の勝敗についてのリスクというより、何かあった場合のお客様心理を考え、地域のお客様へのイメージダウン等のリスクまで踏まえると、やっぱり怖いといったところでしょう。

マタニティ整体の4つのメリット

  1. 産後ケアにも連動、長い付き合いが見込める
  2. ママさん仲間で、自然と口コミ集客が狙える
  3. スキルが蓄積されるため、スクールが可能に
  4. セラピスト自身への、関節への負担が少ない

マタニティ整体(産後リラクゼーション)を行うメリットについて、大きく4つご紹介います。

1,長期的なお客様として目込める

産前のリラクゼーション、そして産後の骨盤調整、からの日常のボディケアと、長期的な関係が見込めます。

さらに、ブラダルエステなどから関係を継続することもできます。

リラクゼーションは、LTV(生涯顧客価値)が高い仕事だと言われますが、産前ケアを担えることで、まさにその真価が発揮されます。

ミナミ
LTVとは「ライフタイムバリュー・生涯顧客価値」といって、一人のお客様が生涯もたらしてくれる、利益の合計値のことです。

 

2,口コミ集客へ繋がる

出産、子育て、公園デビューなど、ママさんにとって、最も多くのママ友ができる時期です。

この時期に、「自分は、あそこの整体院でケアしてる」とか、「あそこのリラクゼーションでは産前でも施術してくれるよ」とか、自然口コミが広がるものです。

特に、行っているサロンが少ない『産前ケアが受けられるサロン』という情報を持っていること、伝えられることは、ママさんにとっても他社貢献できる嬉しいものです。

自然と口コミしてもらえるのが産前産後ケアのメリットです。

ミナミ
多大なる集客費に怯えることのない経営へ。

 

3,スクール

『産前産後ケア』は、セラピストなら誰もが興味がある分野です。

当然、スクールの需要も高いはずです。

将来、スクールを行うことまで見据えた場合、万が一のリスクまで含めて、全ての経験がスクルの一部として蓄積されていく事実に気が付きます。

施術保険とリスク対策

当然、リスクが高い施術を日常的に行う場合、施術保険への加入は必須でしょう。

また、保険屋さんには、膨大なデータがあるでしょうから、これまで、産前リラクゼーションやエステなどで、どのようなトラブルがあったのか、問い合わせてみてもよいかもしれません。

ミナミ
タイミングがあれば聞いてみて、またお伝えしますね。

 

4,関節への負担が少ない

産前のお客様へのケアは、通常以上に弱目に施術を行いますよね。

施術者への関節への負荷は小さくなるため、そのため、身体を壊すことなく、長期的に仕事を続けやすい施術法(メニュー)だと言えます。

ミナミ
神経を使う分、関節は楽できるってことですね。

 

まとめ

特に、産前ケアは、

リスクがある反面、スキルとしての価値が高い。

といえますね!

独自の武器や、集客に悩んでいる方へ参考になれば幸いです。

 

今日もお疲れ様です!
>手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

「学びたいけど、余裕がない…」そんな、セラピスト、整体師、エステティシャン等の技術者が、極限まで無料で学べる、良質な動画コンテンツの作成を目指しています!

CTR IMG