小顔矯正の広告で行政処分!?エステ・整体サロンの法律問題

小顔矯正の広告で行政処分!?エステ・整体サロンの法律問題。

小顔矯正の広告で行政処分!?エステ・整体サロンの法律問題

エステの広告が法律に触れる!?

今回は、エステや、整体サロンの広告や、ホームページなどの表現が、法律に触れてしまうケースがあるという事実について、実例を参考にみていきましょう。

まず、エステや整体サロンを経営されている方なら、なんとなく、あまり過激な表現は、法律に違反する。

という認識はお持ちかと思います。

ただ、ウソや、ねつ造が悪いのは、当然ですが。

一般的には、他のサロンの広告を参考に、

  • 自分もあんな風な広告を作ろう
  • ああいう感じのホームページが欲しい

と、イメージを膨らませると思います。

かくいう私も、アロマサロンを経営する身です。

ですので、良いな~と思ったサイトや、魅力的な広告などを参考に、日々、様々なプロモーションを想起しております。

ところで。

一般的に、よく目にする広告でも、時に法律スレスレ!?

いや、もしろアウト…

だったりすることもあるようです。

まずは、以下の実例をご覧ください。

行政処分の事例

頭蓋骨のゆがみを矯正すれば、顔が小さくなる「小顔」の効果が持続するかのようにうたったホームページの表示は、効果を裏付ける明確な根拠がなく、景品表示法に違反するとして、消費者庁はいわゆる「小顔サービス」を提供している全国の9つの事業者に対し、再発防止を命じる行政処分を行いました。

消費者庁から処分を受けたのは、次の9事業者です。

東京・中央区の「磯部美容整体Vセンター」。
福岡市中央区の「シンメトリー」。
大阪や東京で「小顔製作所」を運営する大阪・中央区の「Steed」。
東京・中野区の「トゥモローズライフ」。
東京都内で「Dr.Body」などを運営する渋谷区の「ナチュラルビューティラボ」。
大阪・都島区の「Kouken美容整体」。
福岡市で「江戸町美容矯正専科」を運営する長崎県諫早市の「MEDICALBODYDESIGN」。
東京・港区の「レミスティック東京」。
大阪・北区の「関西プロポーション小顔センター」です。

上記が、実例です。

9つの小顔サロンを見てみると、小顔業界の中心的なサロンが目立ちます。

他の産業に比べれば、我々エステ・整体業界は、規模が小さいと言えるため、その分、注目度も低く、また、個人や、その延長程度でコジンマリと行っているため、普段、あまり法律問題に直面することは少ないと思います。

しかし、ときに、このような事例もあることを認識しておきましょう。

おそらく、消費者庁は、小顔矯正を中心とするエステ・整体系のサロンの代表各を、9つ同時に指摘することで、その他、多くの個人事業主にも警笛を鳴らしたのではないでしょうか。

考察

この事例では、景品表示法に違反する行為(表示を裏付ける合理的根拠が示されず、同法第7条第2項の規定により同法第5条第1号(優良誤認)に該当)が認められたため、改善の措置命令がなされました。

では、我々は今後、具体的にどのようなことに注意すればよいのでしょう?

一体どこから、誇大広告と言われてしまうのでしょうか?

境界線がハッキリしないからこそ、難しいトコロですよね。

でも、怯えてばかりもいられません。

お客様へ魅力をアピールできてこそ、広告の意味があるはずです。

その中で一つ。

心得ておきたい、2つのポイントを整理してみました。

  • 言葉に気を付けること
  • 画像や動画を多用すること

の2つです。

まず、「絶対効果的」とか「一回で-1.5cm」など。

やはり、最終的に問題になるのは、言葉の部分だと思うのです。

逆に、画像や動画は、事実の提示としか言いようがなく、あとは、見た方の気持ちがどのように動くか(感動するか)という、受け手側の問題だと思うからです。

※もちろん、画像なども加工を加えたりして、事実を捻じ曲げるようなものは良くないでしょう。

しかも、お客様からしたら、画像や、動画から受けるイメージは、とても大きいものです。

ですので、

下手に言葉で、法律に触れるおそれのあるような表現を使用せずに、できるだけ、事実をありのままに表現できるもの。

  • 画像
  • 動画

などを中心に、広告を作成すると良いのではないでしょうか?

まずは、

小顔矯正やフェイシャルの、ビフォーアフターの写真を撮影してみてください。

思った以上に変化が出ていることに驚くはずです。

きちんと並べて見ると、改めて施術の効果というものを思い知りますよ。

あとは、動画ですね。

これは、まさに、初めから最後まで、止まることなく流れているのですから、事実そのまんまですよね。

ただ、顔回りは、お客様から掲載の承諾がもらいづらいトコロかと思います。

その点は、掲載モデル割引など、何らかの工夫が必要でしょう☆

まとめ

いかがでしたか?

魅力的な広告を作りたい、でも、法律も気にしないといけない…

そこまで明確な判断基準にもかける中で、なかなか、難しい問題ですよね。

補足動画


補足として、『今すぐ指名が取れるセラピストになるための1番簡単な方法』と題して、指名が取れるセラピストの4大要素について、動画(YouTube)で解説させていただきました。

今後、施術の実演を中心に、色々な手技の具体的なやり方や解剖理論などを、YouTubeにて惜しみなく公開していく予定です。よければ、チャンネル登録よろしくお願いします☆

小顔矯正の広告で行政処分!?エステ・整体サロンの法律問題
今日もお疲れ様です!
>手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

手技や解剖の独学・新メニュー開発のヒント『セラピスファイトYouTube』

「学びたいけど、余裕がない…」そんな、セラピスト、整体師、エステティシャン等の技術者が、極限まで無料で学べる、良質な動画コンテンツの作成を目指しています!

CTR IMG